知っておきたいポイント

更新料の支払いは法律的な義務ではない

賃貸借契約の契約の中には、法律の義務ではなく慣例や慣習によって支払わなくてはいけないものが多く存在します。 その代表的なものが、更新料です。 更新料は、法律によって決まっているお金ではなくその地域に根付いた慣例によって支払わなくてはいけないお金です。 実際、賃貸借契約の契約書に更新料の旨がない場合には更新料を支払わなくても良いのです。 一般的にこうしたお金を支払う義務がないことを知っておかなくてはいけません。 近年は、インターネットの発達によって賃貸に関する理不尽なお金に関する正しい情報が広がりつつあります。 更新料や礼金の相場は本来存在せず、それどころか支払わなくても良いものであることを知っておくことが大事なのです。

公団が提供する物件はわかりやすい

賃貸に関する正しい費用に関しては、都市公団の物件を見ると非常にわかりやすいです。 都市公団は、法律に基づいて賃貸物件を消費者に対して提供するので余計な費用を請求することがありません。 更新料や礼金は慣習や慣例によって支払うお金であるということが良くわかります。 事実、都市公団が提供する賃貸物件では絶対に礼金も更新料も請求されません。 昔は、地域ごとによって賃貸物件の条件や提供するオーナーが大きく変わっていたので各々のルールが存在していました。 そのため、関東や関西という大きなくくりで見ても全く支払う費用が異なることがあります。 関西圏には更新料という概念すら存在しない地域もあるため、支払って当然などと思わないようにしなくてはいけません。

Design by Megapx  Template by sozai-dx.com
Copyright (C)2015 賃貸マンションやマンスリーマンションで一人暮らしスタートを決める All Rights Reserved.