常識的な請求

修繕費用の相場は常識の範囲内

賃貸で部屋を借りて退去をするときには、部屋を原状回復させるために敷金からお金を引かれることがあります。 この原状回復に関しては、契約書内で特約があることが多いためきちんと確認しておかなくてはいけません。 基本的に、敷金が行うことができる原状回復の割合は常識の範囲内であり契約内容もそれに順ずることになるのです。 例えば、契約書内に退去するときに部屋のリフォーム金額を全額負担する規定があったとしてもそのような規定は無効に出来ます。 これは、部屋の原状回復とリフォームではそもそも目的も概念も全く異なるからです。 敷金に関しては、無理な特約を発見した時点でそれをきちんと貸主に申し出て主張しなくてはいけません。 借主の負担額はそれほど大きくはならないものなのです。

過去のトラブルから学ぶトラブル回避

賃貸借契約に関しては、昔から敷金に関するトラブルが最も多い案件です。 その事実から、自治体からも敷金などの預かり金に関しては速やかに返還することを告示する内容が公表されています。 そもそも、敷金に関する特約では客観的で合理的な理由が法律的にも必要です。 また、賃貸借契約の契約内容に関しては貸主だけではなく借主が敷金で修繕することをきちんと認識していることが必要です。 片方だけの意思表示が一方的に主張されている場合には、大半の場合でその契約を履行する必要はありません。 借主は、敷金を負担するときにその負担を認識しなくてはいけないため滅多なことでは敷金を損することは無いのです。 少なくとも、賃貸借契約に関する法律ではそのようになっていることを知っておかなくてはいけません。

Design by Megapx  Template by sozai-dx.com
Copyright (C)2015 賃貸マンションやマンスリーマンションで一人暮らしスタートを決める All Rights Reserved.